This page:審美歯科治療への一歩 TOP

審美歯科とは


審美歯科を取り扱う歯科医院が増えています。
歯科治療は原則として保険が適用されます。虫歯にかかってしまうと長期間の治療を余儀なくされることが多いものですが、保険適用のおかげで負担は最小限に抑えることができています。しかし、通常の歯科治療で行われる施術は必要最小限のもの。銀歯やレジンの変色など、見栄えの点に大きな問題を抱えることも少なくありません。
そんな問題を解消してくれるのが審美歯科なのです。
審美歯科では、保険治療から一歩踏み込み、機能面、審美面両面でより優れた治療を行っています。たとえば目立つ銀歯に代わって透明感に優れたセラミックを使用することで白く輝く差し歯を手に入れることができます。

レンタルドレス

また、入れ歯の場合は保険適用のレジン床からチタン床に変更するだけで噛む力の回復力などもずいぶんと変わってきて日常生活にも大きな影響を及ぼします。最近では安定性と強度に優れたインプラント治療なども注目を集めています。
これら審美歯科での治療は保険が適用されないのが大きな難点です。そのため、通常の保険治療に比べ数十倍もの費用がかかってしまうことも珍しくありません。費用を取るか、見栄えのよさをとるかの選択を迫られることになるのです。ただ銀歯をはじめ、治療後の見栄えの悪さに悩みを抱えている人は多いはず。歯はその人の印象に大きな影響を及ぼすだけに、審美歯科での治療はお金では変えられない価値を持つこともあります。多くの人が審美歯科を利用するようになっているのもそういった価値を見出しているからなのでしょう。

審美歯科の注意点


審美歯科で治療を受けようと思った場合、事前に注意しなければならない点があります。それは歯科医院の選択です。
歯並びの悪さや虫歯治療後の銀歯、レジンの変色、あるいは入れ歯の不都合。こういった機能面、審美面の悩みを解消してくれるのが審美歯科です。審美歯科の治療を受けることで白く美しい歯を手に入れ、人生が明るくなった、という人も少なくありません。
しかし、審美歯科への注目が集まったことで安易に治療を導入する歯科医院が増えており、質の低下が問題となっているのです。とくにインプラント治療などは技術や設備の不足によりトラブルが発生する事態が急増しています。

審美歯科での治療はたいていが保険適用外。全額自己負担となります。数十万円という高額の料金を必要とする治療もありますから術後の仕上がりが希望と異なっていたり、トラブルが発生してしまっては大損になります。それだけに信頼できる審美歯科を見つけることが審美治療の大前提となるのです。
審美歯科選びのポイントとなるのはまず評判です。実際に治療を受けた人から直接聞くのもいいですし、それが難しいならネット上で口コミ情報を探すのも手です。
それから実際に訪れて感触を確かめる必要があります。審美歯科の場合、一般の歯科に比べてカウンセリングが非常に重要になります。こちらの希望をきちんと聞いてくれるか、計画や治療内容などをしっかり説明してくれるか、話を勝手に進めていかないかといったポイントをチェックすればその歯科医院が信頼できるのかどうかが見えてきます。
後で後悔することのないよう、審美歯科選びは慎重に行いたいものです。

審美歯科とアフターケア


審美歯科はアフターケアも非常に重要になります。
評判のいい審美歯科の中には全国的な知名度を得ているところもあり、各地から治療を受けてもらうべく患者が訪れるというケースもあるようです。しかし、あまり遠隔地から訪れるのは問題があります。なぜならアフターケアが十分に受けられない可能性が出てくるからです。
審美歯科の場合、一般の歯科治療に比べてアフターケアが重要になります。高度な施術を行うため、後で問題が発生することもありますし、定期健診でメンテナンスを受ける必要がある治療もあります。
また、治療を受けて美しい歯を手に入れたとしても、日常生活のケアをしっかり行わなければまた問題が生じてしまう場合があります。とくにホワイトニングやインプラントは術後のケアが非常に重要になります。日々のケアの指導を受けたり、経過をチェックしてもらうことも審美歯科では重要な意味を持っています。

ですから、治療を受ける審美歯科を選ぶ場合にはアフターケアの充実ぶりも重要な判断材料となります。施術料金には通常アフターケアの費用も含まれています。場合によっては数年間の保証期間が設けられていることもあり、その期間は検査を無料で受けることができます。逆に料金の安さを売りにしているところではアフターケアが不十分でないことが多く、その後の定期健診やトラブルの発生によって最終的には高くついてしまうこともしばしばです。
美しい歯は日ごろのケアとメンテナンスがあってこそ。それだけに審美歯科のアフターケアは欠かせないものです。審美歯科の治療を受ける際には長期的な視野に立って検討することが不可欠となってくるでしょう。忘れないようにしたいものです。